キャリアカウンセラーとは

キャリアカウンセラーとは

メンタルケアの重要性が意識されるようになって、企業活動や教育などさまざまな分野でカウンセラーの果たす役割が大きくなっています。
それにともなって分野ごとに専門的なカウンセラーも数多く登場していますが、キャリアカウンセラーもそのうちの一つです。

 

キャリアカウンセラーとは、就職や転職を希望する人に対して、相談を通じたカウンセリングを行う人のことをさします。
キャリアコンサルタントやキャリアドバイザーなどの呼び名もありますが、基本的には同じ意味です。
キャリアカウンセラーは職種を指す言葉であり、資格名ではありませんので、働く場所によって呼称も変わってくるのです。

 

キャリアカウンセラーとして働くためには、認定資格を有していたほうが有利です。
カウンセラーを養成する企業、団体などがさまざまな講座を提供しており、厚生労働省が認可した養成講座や認定試験を経て資格を取得することになります。
有資格者が働ける場所はさまざまあり、企業や学校をはじめ、ハローワークや公共の職業能力開発施設、さらにはニートの若者を支援するNPO団体など幅広い分野で活躍できる機会が設けられています。
セカンドキャリアの形成や若者の自立促進などカウンセラーに求められる役割は今後もさらに広がりを見せることでしょう。