産業カウンセラーとは

産業カウンセラーとは

めまぐるしい変化と激しい競争にさらされる現代社会。企業や組織で働く人達には、心身ともに非常に大きなストレスがかかっています。
そのようなストレスがもとで精神のバランスが崩れてしまえば、本人はもちろん、有能な人材を失うことになりかねない企業にとっても大きな損失です。
そこで、カウンセリングを通じて働く人の精神状態を健康に保ち、円滑な企業活動に貢献するのが産業カウンセラーです。

 

産業カウンセラーとは日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格です。
カウンセリングなどを通して働く人のメンタルヘルスを向上させ、職場における適切な人間関係の構築、キャリア開発などを援助するのが仕事です。
現在、多くの企業が社員のメンタルヘルス対策に取り組む中で、産業カウンセラーは重要な役割を果たしています。

 

この資格を取得するためには、協会が実施する学科試験と実技試験に合格する必要があります。
受験資格を得るためには協会などが実施している養成講座を受講する必要がありますが、大学で心理学などを専攻し、一定の単位を取得している人は養成講座を受講しなくても受験資格があります。
また学科試験、実技試験ともに一定の条件を満たせば試験免除の制度もあります。